~interest~

なんだか気になる(interesting)そんな話題をお届けします♪

*

エヴァちゃん(エバちゃん) 深イイ話で今田につば?トリンドルで生意気

      2017/04/09


プロフィール

エヴァちゃん1

エヴァちゃんエバちゃん
生年月日:2008年5月26日
年齢:7才
出身地:徳島県
身長:105㎝

お父さんがカナダ人と
お母さんが日本人のハーフなんだそうです。

エヴァちゃん2

所属事務所はグラムキッズということです。
好きな食べ物はイチゴで
嫌いな食べ物は芽キャベツ、

可愛らしいですね。

将来の夢は、科学捜査班になりたいそうで、
とくに女優さんとかではないんだそうです。

トリンドルに似ていてかわいい!

トリンドル玲奈さんに似てる!」
天使すぎる」「お人形さんみたいで可愛い」と

エヴァちゃん3

ランドセルのCMがきっかけで
話題になったエヴァちゃんエバちゃんですが、
芸能界には興味がないんですね。

しかし、この歳で科学捜査班とは
どんなきっかけなんでしょうww

ちなみに、現在は徳島県に住んでいるそうですが、
もともとのお母さんの出身が大阪ということなんだそうで、
その影響を受けてか、エヴァちゃん(エバちゃん)は関西弁です。

しかもコテコテの。

関西外弁にとどまらず、
吉本新喜劇も大好きになったそうで、
ハーフで可愛くて、関西弁でお笑いに厳しいとなると、
本人の夢とは違いますが、将来バラエティ番組で活躍しそうですね。

エヴァちゃん4

似てると言われるハーフタレント、
トリンドル玲奈さんといえば、

トリンドル問題ってあるよね。」
とマツコと有吉の某番組でも話されていましたね。

協調性が無く、自分の意見をひたすら押し通す
タイプが多いという理由から、“帰国子女”を表しているそうです。

自分に対する揺るぎ無い自信。」
私の知らないことは、自分には必要の無いこと。」と
知らなくても学ぼうとする姿勢が感じられない方。

そればかりか、「知らなくて何が悪い。」
を押し出してくる人のことらしいのですが、
帰国子女でなくても最近は多い気がします。

エヴァちゃん(エバちゃん)はそこは似てないといいのですが、
違う件で早くも話題になってしまいました。

深イイ話で今田に”つばを吐いた”で炎上

実は、7月13日に放送された
人生が変わる1分間の深イイ話 2時間SP』(日本テレビ)にて
エヴァちゃんエバちゃんの行動に批判が殺到しているんだそうです!!

エヴァちゃん5

番組ではエヴァちゃん(エバちゃん)がお笑いタレント・今田耕司さん
とともに“日帰りできる離島”で
人気の静岡県にある初島にロケに出かけたのですが、

その“自由奔放”な言動に「育ちの悪さが見える」などと、
一部視聴者から厳しい指摘が出してしまったようです。

今回は「今田・エバのデート企画」の第3弾で、
熱海港からフェリーで30分の初島へ。

待ち合わせ場所にて合流したところ、

エヴァちゃん(エバちゃん)を抱っこするなど
仲よさそうな関係だったのですが、
初島小中学校で子供たちと遊んでいる際に

もう!今田さんが邪魔
だって背が大きいし
もういいから」と、
エバちゃんから“邪魔者扱い”を受けたということです。

その後も、水たまりを見つけると
石を投げて今田さんの足元に水を掛けたり、
イタズラっ子な一面をのぞかせるエヴァちゃん

トレーラーを利用した宿泊施設である
「トレーラーヴィラ」へ訪れると、
施設内で2段ベッドを発見します。

人生初の2段ベッドに大興奮し、自分は上の段に上がり、
「はよ入りなさい!」と、今田さんにも下のベッドに入るよう促したところ、
今田さんが下段のベッドに横たわると上から
『プッ』とツバを吐きかけ始めたんだそうです!!

エヴァちゃん6

エヴァちゃん7

それにビックリした今田さんは
「ワルッ!!」と驚いて遊んでいたようですが、

エバちゃんは「もっとキツいのだせるよ!」と、
その後も連続してツバを吐きかけ
今田さんも笑顔をみせつつも困惑した表情をしていたとのことです。

「こんなにツバをかけられて嬉しそうな人がいるでしょうか」
というナレーションで場を和ませていたんだそうですが、
視聴者の声も多数上がっていたようです。

「天真爛漫で可愛いな」
「大人にも物怖じしないって羨ましいわ」
「おもしれえなエヴァちゃん」

一部では「美少女なのにヤンチャ」
というギャップが良いとされたコメントもあったようですが、

「エヴァちゃん、見た目天使なのに言葉遣いやツバ吐いたりとかビックリ」
「すごく可愛かったけど、育ち悪いんだろうなとしか思えなかった」
「他人にツバ吐きかけるし親はどんな教育してるんだろうか」

などとかなり批判的な意見が多く上がっていたそうです。
中には「エバちゃん性格なんとかするべきだわ。芦田プロに処世術を学べ」と、
芦田愛菜(11)ちゃんを引き合いに出す方も居たそうです。

たしかに、子どもですしまだカワイイかもしれませんが、
やっていることは決していいことではないので
さすがに注意するべき部分はあります。

子役で有名になりつつある時期でしたが、
イメージダウンになってしまったようです。
ただ、エヴァちゃんだけに非があるわけではないですし、
今後の成長と親の教育に期待したいところです。

エヴァちゃん8

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

 - 芸能・エンタメ

error: Content is protected !!