~interest~

なんだか気になる(interesting)そんな話題をお届けします♪

*

山田孝之が結婚した嫁と二人の姉が美人過ぎる!隠し子騒動とは?

      2016/07/25


山田孝之さんといえば、
缶コーヒーのCMでもお馴染みの知名度の高い実力派俳優として活躍しています。

先日オンエアされたNHKの特別番組ではナレーションにも挑戦している山田孝之さんは、
役者としてだけでなく益々活躍の幅を広げていきそうです。

そんな彼には二人の美人過ぎるお姉さんがいます。

また、そのお姉さん達にも負けないくらいの美人なお嫁さんもいるそうで、
とても羨まし過ぎて気になってしまいますよね♪

その一方で、山田孝之さんの過去といえば”隠し子騒動”なんて話題がありました。

今回はそれらの気になる話題を一気にご紹介していきましょう。

プロフィール

山田孝之1

山田孝之(やまだたかゆき)

 

生年月日:1983年10月20日

血液型:A型

出身地:鹿児島県

身長:169cm

所属:スターダストプロモーション

職業:俳優

鹿児島県薩摩川内市出身の山田孝之さん。

俳優としてデビューしたのは1999年10月に放送された
ドラマ『サイコメトラーEIJI2』でした。

俳優・山田孝之の隠し子騒動とは?

2006年に大きな話題になったのがコチラのお話です。

俳優としてメキメキと成長していく真っ只中だった山田孝之さんは、その当時ある女性とお付き合いしていました。

そのお相手は当時タレント活動をしていたというChihoさんという女性でした。

報道によると、2005年の10月にChihoさんが子供を産んだのですが、その父親が山田孝之さんだったのです。

この事実に対して山田さん本人によるコメントが出されていました。

yamada2

そして、彼が選択したのは子供の父親であることは認めても、彼女とは結婚をしないことだったんです。

役者として成長することを第一に考えてのことだったようです。

Chihoさんはその後、タレント活動はしていなかったようなのですが、
2013年までは自身のブログにて子供との写真を投稿していたようです。

その時の画像がありました↓↓↓

yamada1

さすがに子供さんの顔は隠してありましたが、Chihoさんがとても美人ですね。

7年後に結婚した嫁も美人だった

2005年に子供が産まれたChihoさんとは結婚することを選択しなかった山田孝之さん。

そして、彼は7年後の2012年1月1日に7歳年上の美女と婚姻届を出しました。

お相手は芸能活動をしていない一般女性なんだそうです。

そのため、お嫁さんの名前も写真も公開はされていませんでした。

しかし、なぜかネット上には中央の玉山鉄二さん夫妻と一緒に男女4人で写っている画像が流出していました。

yamada3

この画像に対して最も多い意見が、一番左端の女性が山田孝之さんのお嫁さんなのでは?ということです。

確かに間違いなく美人ですからね♪

イケメンの弟と美人過ぎる二人の姉♪

山田孝之さんには二人のお姉さんがいるそうです。

しかも、かなりの美人過ぎるお姉さんだと評判なのです!

・1978年生まれの長女で女優の椿かおりさん

椿かおり

・1980年生まれの次女で歌手のSAYUKIさん

sayuki

姉弟が揃って芸能人なんて珍しいことですよね♪

二人のお姉さんは共に10代の頃はモデルとして活動もしていたそうです。

これだけの美人ですから納得です!

次女のSAYUKIさんは歌手でありながら、自身の音楽活動のベースとして会社を設立するほどの行動力の持ち主。

長女で女優の姉・椿かおりさんは映画出演の実績も豊富で、
山田孝之さんが主演を勤めた映画『ミロクローゼ』で初共演を果たしているのです。

実は、この映画に共演した姉と弟でしたが、
撮影が終了するまでは誰にも実の姉弟であることは内緒だったそうです。

そして、撮影が終わった後に唯一、監督にだけ真相を教えたんだとか。

ナレーションがイイね!NHKでの語りが上手いワケとは?

映像個性派イケメン俳優として知られている山田孝之さんが、
先日放送されたNHKのスペシャル番組でナレーションに挑戦し、
役者としてではなく、語り手として高く評価する意見が相次ぎ、
新境地を切り開いたことが大きな注目と関心をあつめているようです!

山田孝之3

俳優・山田孝之さんのナレーションを”上手い!”と絶賛する声を
あちらこちらで知るキッカケとなったのが、

NHKで過去に大反響だった『映像の世紀』から20年、
NHK放送開始90年を機に、
新たな映像で100年の時を追体験していく
『新・映像の世紀』という番組のスペシャルが放映され
ナレーションを担当していたことですね。

なぜ、「語りが上手い」と高く評価されているのか?

そのワケはとても簡単でとても難しいことをやり遂げることが出来たからだと思いました。

役者としての山田孝之さんといえば、
『新宿スワン』や『バクマン。』といった作品で
その演技力がとても高く評価されています。

それが今度は語り手(ナレーター)として、
自身の発する言葉だけで全てを伝えなくてはならないワケですね。

ナレーションという大役を任されたことに対して、
多くの人にしっかり伝えなきゃいけないと思いました
と語り手としての使命感を語っていたそうなんです。

しっかり伝えなきゃいけない

そんな気持ちがしっかりと込められた彼の抜群のナレーションには
多くの視聴者から絶賛する声が沸きあがったそうです。

語り手・山田孝之のナレーションを
視聴者以上に高く評価したのは、なによりもNHKなのでしょう♪

スペシャル番組の後にシリーズとして放送を続けているNHKは、
俳優である彼のナレーターとしての可能性を確信して
本番組シリーズのナレーションを語り手・山田孝之に委ねたわけです。

この機会が、
これから先の山田孝之さんの俳優としての成長にも
大きな影響を与えていくのかもしれませんね♪

山田孝之2

ひとこと

・隠し子というか、隠していないけど父としての責任を全うして欲しいです!

・とにかく美人に囲まれて羨ましいですwww

・もっともっとビッグな役者になってカッコイイ男になってほしいですね。

yamada4

最後までご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク

 - 芸能・エンタメ , , ,

error: Content is protected !!