~interest~

なんだか気になる(interesting)そんな話題をお届けします♪

*

工藤めぐみ【サンバダンサー】画像必見!本場リオに愛される日本人パシスタ

      2017/07/13


サンバの本場ブラジル・リオで活躍しているサンバダンサーの工藤めぐみさん。

世界的に有名なリオのカーニバルで日本人で初めて
カーニバルの花形ダンサーである「パシスタ」として優勝したという
本場リオの人々にも愛されている超有名な日本人なんですよ!

工藤めぐみ2

紅白歌合戦での小林幸子さんにも全然負けていない
絢爛豪華なカーニバルでの彼女の姿は画像でも眩しすぎるほど綺麗です♪

あれ?工藤めぐみさんって女子プロレスラーの人じゃなかったっけ?

いやいや、たまたま同じ名前ですが別人なんです!

そのあたりもふまえて、
同じ日本人として世界に自慢できる
素敵なサンバダンサーの工藤めぐみさんについて
いろいろ調べてみましたので是非ご覧ください♪

スポンサーリンク

プロフィール

工藤めぐみ1

工藤めぐみ(くどうめぐみ)

生年月日:1985年9月3日

出身地:兵庫県神戸市

身長:168cm

所属:東宝芸能

職業:ダンサー

兵庫県神戸市出身の工藤めぐみさんは、
9歳の時に母親と一緒にクラシックバレエとサンバを始めたそうです。

工藤めぐみ4

18歳の時にダンスインストラクターになり、
大学1年生だった2004年の秋に休学して
単身でブラジル・リオデジャネイロにサンバ留学をしたんだとか。

「G.R.E.S Tradicao(トラヂサォン)」
「G.R.E.S Portela(ポルテーラ)」
という本場の二つのサンバチームのオーディションに合格したそうです。

翌年の2005年2月には早くも花形ダンサーである「パシスタ」として、
本場リオでのカーニバルに初出場を果たしました。

23歳になった2008年秋には
強豪サンバチームである
「G.R.E.S. Academicos do Salgueiro(サルゲイロ)」
のパシスタに選ばれた彼女は、
翌年2009年2月に行われたカーニバルにてチームが16年ぶりに優勝!

そして彼女は、
日本人パシスタとして初めての栄冠を獲得しちゃいました♪

これは、現在に至っても日本人としては唯一の快挙であり、
その後もリオでの彼女は有名な日本人の一人であるそうです。

画像必見!本場リオに愛される日本人パシスタ

サンバの本場、ブラジル・リオのカーニバルで優勝した、
唯一の日本人サンバダンサーの工藤めぐみさん。

工藤めぐみ5

毎年2月にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催される
世界的に超有名なサンバカーニバルで
リオのカーニバル”としてご存知の方もいると思います。

では、”リオのカーニバル”って、
ただのお祭りではないことってご存知でしたか?

このカーニバルって実はリオ中から集まった、
約150以上ともいわれる沢山のチームが
メッセージ性や芸術性を競い合い、
優勝を賭けたメチャ大きな規模のコンテストだったんです。

しかも、カーニバルに参加する1チームの人数がスゴイんです!

一つのチームを構成しているのは、
ナ・・ナント、約4000人から5000人なんだとか!!

おいおい・・・ってことは、
参加チームが約150以上ってことは、
少なく見積もっても約4000人が約150チームだから、

カーニバル参加者って約60万人以上ってこと???

す・・すげえゼ!リオのカーニバルwww

そして、そのチームの中でたった30人だけ選抜されるという
チームの顔である花形ダンサーのことを「パシスタ」と呼ぶそうです。

工藤めぐみさんは、
2004年に大学を休学してまで
単身でリオにサンバ留学しました。

工藤めぐみ3

そして、
2008年に強豪サンバチームである
「G.R.E.S. Academicos do Salgueiro(サルゲイロ)」
に参加すると、

翌年2009年に行われたカーニバルで、
日本人で初めて花形ダンサーである「パシスタ」として
見事に優勝を飾りました!

その後もチームの顔として存在感を見せており、
毎年2月に行われるカーニバルに向け、
今なお単身リオで挑戦し続ける日本人トップダンサー

それが”工藤めぐみ”という人物なんですwww

最後までご覧いただき有難うございました!

追伸、

あ!・・・きっと既にど~でもよろしいかと思いますがwww、
工藤めぐみさんって女子プロレスラーの人では・・・?

工藤めぐみプロレス

ああ・・やっぱり全然違う人でしたね!失礼しました♪

スポンサーリンク

 - ダンサー, 芸能・エンタメ

error: Content is protected !!