~interest~

なんだか気になる(interesting)そんな話題をお届けします♪

*

芳根京子が難病を克服!わきに不安?べっぴんさんで演技もかわいい

   


NHK朝の連続ドラマ小説「べっぴんさん」
でヒロインを演じている芳根京子さん。

透明感があってとっても可愛いと評判で、
評価の高い演技力にも注目されている若手女優さんです。

そんな芳根京子さんですが、
実は難病を発症していました。

しかもその難病は、わきに異変が起こる病気なのでは?
と話題になっています。

・芳根さんが発症した難病とは一体どんな病気なのか?
・彼女のわきに何が起こってしまったのか?

その真相に迫っていきます。

プロフィール

芳根京子(よしね きょうこ)

本名:同じ
生年月日:1997年2月28日
血液型:A型
出身地:東京都
身長:159㎝
所属:ジャパン・ミュージックエンターテイメント
職業:女優

人物概略

デビューのきっかけは、
上地雄輔さんのライブを見に行った際に、
スカウトされ現在の事務所に所属したことでした。

2013年「ラストシンデレラ」で女優デビューを果たします。

その翌年の2014年には「花子とアン」でNHKの朝ドラに出演。

2015年になると「表参道高校合唱部」で連続ドラマ初主演。

そして2016年はついに、
「べっぴんさん」でNHK朝ドラのかわいいヒロインに大抜擢!

わずかデビューから3年という期間での順風満帆っぷり♪

彼女はかわいいだけではなくて、、
女優として、まさに天性の才能の持ち主なのでしょうね。

朝ドラ「べっぴんさん」主演も過去に難病にかかっていた?

デビューからわずか3年で、
朝ドラ「べっぴんさん」のヒロインに大抜擢された芳根京子さん。

しかし、彼女の人生はけして順風満帆ではなかったようです。

芳根さんは過去に難病を抱えていた事をブログで告白しています。

その難病の病名は「ギラン・バレー症候群」といいます。

ギラン・バレー症候群とは?

運動神経の障害を起こす病気で、
手足に力が入らなくなる国指定の難病です。

また、顔の筋肉が動かせなくなったり、
話しにくくなったりと、
その症状はいろいろな所に出てきます。

まさに女優さんには致命的な病気ですよね。

芳根さんが発症したのは中学2年生の時。

発症してから1年間は学校に通うことも
できない状態だったそうです。

そんな芳根さんが
数年後に女優として大活躍するなんて
誰も予測できなかったことですよね〜

難病の後遺症?わきに不安の声とは?

芳根京子さんの難病を調べていく中で
なぜか「わき」というキーワードが出てきます。

ネットでは「わきに転移するかも?」
なんて推測する意見も出ているようですが、
ギラン・バレー症候群は転移する病気ではありません。

確かにいろいろな所に症状がでる病気とされていますが、
特に「わき」に症状が出たり、
後遺症が残るといったことはないようで
この「難病でワキに異変が起きたかも!」というのは、
確証のある根拠もなく、ガセネタだったようです。

演技も容姿もかわいい芳根京子が嫌われている?

演技力があり、見た目が素朴で、
とてもかわいい芳根京子さんですが、
実は嫌われているという噂があります。

その理由としてあげられていることに、

見た目とは裏腹に演技力がハンパない!

といった意見があるようです。

何故そんな意見があるのか詳しく調べていくと・・。

どうやら芳根さんは嫌われているというよりは、
女優としての彼女の演技力が恐れられているのでは?
と思わせるエピソードがありました。

芳根さんには、
「オーデション荒らし」という異名があるようなのです。

その理由は、
「オーデションに芳根さんがいたら諦めるしかない!」
と言われる程の演技力の持ち主らしくて、
他の女優さんから恐れられている存在のようなのです。

確かにデビュー3年で、
朝ドラヒロインに抜擢されるその存在感には、
脅威を感じてしまうのも納得ですよね♪

ひとこと

現在の芳根京子さんは、
難病をすっかり克服しているそうで、
わきの異変もガセネタだった事がわかりました。

もしも、わきに異変があり、
今でも傷跡として残っていたのなら
かわいい水着姿も見れなくなってしまうかもしれません。

調べてみたら、ガセネタとわかりひと安心です。

今後もまだまだ活躍すること間違いなしですね♪

スポンサーリンク

 - 芸能・エンタメ ,

error: Content is protected !!