~interest~

なんだか気になる(interesting)そんな話題をお届けします♪

*

緒方かな子の長女が美人?不整脈を克服し画家に!絵画で個展?

      2017/07/16


2016年、25年ぶりにリーグ優勝を果たしたのが、
プロ野球「広島東洋カープ」赤ヘル軍団。

彼らを優勝に導いたのが緒方孝市監督の”神ってる♪”手腕でした。

そんな緒方監督を献身的に支えてきた奥さんといえば、
美人過ぎる元グラドルとして人気だった中條かな子さん。

現在は緒方かな子さんですね。

過去に不整脈を患っていたそうで、
それを克服した彼女は画家として絵画を描き続けているそうです。

彼女の描く絵画は高い評価を得ているそうで、
個展を開いてもおかしくない腕前なんだとか。

今回は、そんな緒方かな子さんの現在と、
彼女の娘(長女)が美人と評判であることについて、
その真相に迫っていきます。

スポンサーリンク

プロフィール

緒方かな子(おがた かなこ)

本名:緒方可奈子
生年月日:1973年3月4日
出身地:広島県広島市中区
血液型:B型
身長:162㎝
所属:Yellow
職業:タレント

人物概略

広島東洋カープ監督である緒方孝市さんが旦那様。

生まれた時から生粋の広島っ子である緒方かな子さん。

ご結婚以前は中條かな子という芸名で、
グラビアを中心にアイドルとして活躍していました。

”学園祭の女王”と称されるほどの
抜群のルックスとナイスバディが彼女の魅力でした。

芸能界入りのキッカケは、
1988年に出場したコンテストを機にタレントデビュー。

そのままアイドルユニット「桜っ子クラブさくら組」
の創立メンバーに起用されました。

1996年に、当時広島東洋カープの現役選手として活躍していた
旦那様の緒方孝市さんと結婚しました。

翌年には一時的に芸能界を引退して、
育児のため家庭に入り、妻として旦那様を支えていました。

その後、地元広島を中心にタレント活動を再開して、
家庭と仕事を両立しているそうです。

美人過ぎるママに美人の長女あり?

とても40代女性には見えない美貌は健在の緒方かな子さん。

旦那様の広島カープ・緒方孝市監督との間には、
現在3人のお子様がいるそうです。

1997年に長女、1999年に次女、そして、2006年に長男を出産。

緒方かな子さんは、
旦那様と臨んだ婚約発表の記者会見で、
記者から「お子様は何人くらい欲しいですか?」という質問に、

「二人とも子供が大好きなので、
腰の骨が砕けるまで産みたいと思います。」

と胸の内を打ち明けて、周囲を笑顔で驚かせました。

そんな子供好きな緒方夫妻にとっては、
3人の子宝に恵まれたことには心から喜んでいることでしょうね。

ところで、
ネット上では子供達の名前であるという情報が
何故か流出しているようです。

確認できたのは、
長女が佑奈さんで、次女が祐希奈さんだとか。

そのうち、長女の佑奈さんについて、
かなりの美人であるらしい噂が流れていました。

1997年生まれの佑奈さんですから、
2017年はちょうど20才!

ハタチを迎えるお嬢様になっているワケですよね?

現在は慶應大学に通っているという情報があります。

緒方かな子さんや旦那様、そして妹や弟とは離れて、
一人で上京しているのではないでしょうか。

その佑奈さんが美人であると根拠を得たいと
更にネットで情報を集めたのですが近況の写真は見当たらず、
上にある小さな子供の頃の家族写真があっただけでした。

女性は成長していく環境の中で心身共に綺麗に変身していきます。

美人過ぎるお母様と、イケメンスタープレイヤーだったお父様の
仲睦まじい温かい家庭環境の中で育ったのであれば、
きっと素敵な女性に成長しているのは間違いないでしょうね。

スポンサーリンク

不整脈を患っていた過去と克服した現在は?

グラビアアイドルとして人気絶頂だった頃に、
広島カープが誇るイケメンスタープレイヤーとの
電撃婚約を発表した緒方(中條)かな子さん。

仲睦まじい夫婦生活を育み、3人の子宝に恵まれて
家庭円満な日々を過ごしていたのですが、
病魔は2006年に長男を出産した後に襲ってきたそうです。

彼女が患ってしまったのは”不整脈”とよばれる病気でした。

・不整脈とは?

心拍数や脈拍が一定のリズムを打たなくなる状態。

症状には様々なレベルがあり、生活に支障が無い軽度の症状から、
突然死の引き金になる心不全や脳梗塞などの合併症の原因となる
危険な症状に至ることもあります。

緒方かな子さん自身では、
どんなことも楽しんで生活をしてきたつもりではあったそうですが、
気付かない部分でストレスを蓄積していったかも知れないと、
当時を振り返って心境を打ち明けていました。

彼女が患った症状は思いのほか深刻だったそうで、
普段どおりに生活していても
脈拍が1分間に200回を超えるという異常事態だったとか。

その後、足の付け根からカテーテルを入れ込み、
不整脈の原因となっている心臓内部の部位を
高周波電流で焼き切るという手術を行ったそうです。

その結果、
症状が大きく改善された彼女は見事に病魔を克服されて、
健康を取り戻したことにとても感慨深く涙されたそうです。

不整脈を克服され健康を取り戻した現在は、
家庭と仕事、そして、趣味である絵画と
すべてを両立しながら毎日を楽しく過ごしているそうです。

死を覚悟するほどの心境に立ったからこそ、
健康でいられることへの感謝が
現在の緒方かな子さんの元気の源なのかもしれませんね。

画家として高い評価!絵画の腕前が個展を開くレベル?

現在の緒方かな子さんは、
妻として、母として、タレントとして、
とても充実した毎日を過ごしているそうです。

そして、一人の女性として輝く彼女らしさは、
旦那様と結婚する以前から好きだったという
絵を描くことでキラキラと眩しさを増すのです。

自己流で始めた緒方さんは、
その後、日本画や油絵を習い始めたそうです。

好きこそ物の上手なれ

まさに、
ことわざ通りにメキメキと上達していった緒方さんの
画家としての腕前はメチャ凄いらしいのです。

1998年に二科展で初入選!
・・・って、もうこれだけで凄い♪

そして、不整脈を患っていた2011年から、
ナント!3年連続で白日会展にて入選しちゃったとか!

画家としての実力は折り紙付き
・・いや、付きまくりですよね。

既に、彼女が手がけた絵画は
100点を軽く越えているそうです。

その数ある作品の中で、
上の写真に描かれている女性が誰なのか?

チョットだけ考えてみてください。

描かれている女性は、
緒方かな子さんの長女・佑奈さんなんだそうです!

佑奈さんが高校1年生の時に
モデルになってもらい描いたそうです。

その絵を見ながら緒方さんは、

「デビュー当時の私によく似ていると言われるんです。
あの頃ですよ♪」

と、笑顔で取材を受けていたそうです。

とても繊細で綺麗な女性に描かれている長女・佑奈さん。

であるならば、
ハタチになった彼女が美人という噂も、
きっと間違いのない事実だと納得しちゃいますね♪

ひとこと

40代を迎えた現在でも、
抜群の美しさが衰えていない緒方かな子さん。

不整脈を患い、死を覚悟したものの、
手術で無事に克服出来たことで健康のありがたさを
身をもって実感したという試練も乗り越えましたね。

最近では、
地元広島だけでなく全国ネットの番組でも、
再び彼女を見かける機会も増えてきました。

相変わらずの美しさの根底には、
乗り越えた試練と、円満な家族の支え、
そして、画家として大好きな絵画と向き合う日々が、
今の彼女を元気な笑顔にしてくれているのではないでしょうか。

素敵な人生を歩まれている身も心も綺麗な女性だと思います♪

スポンサーリンク

 - タレント, 芸能・エンタメ

error: Content is protected !!