~interest~

なんだか気になる(interesting)そんな話題をお届けします♪

*

佐々木蔵之介が朝ドラに再抜擢!配役(役柄)や過去の活躍は?

   


主演ドラマ「ハンチョウ」がヒットして、
今や実力派俳優と呼ぶに相応しい活躍の佐々木蔵之介さんが、
2017年4月スタートの朝ドラ「ひよっこ」に出演することが決まりました!

人気女優の有村架純がヒロインに起用されることで
大きな話題となっている連続テレビ小説第96作目となる今回の作品。

その注目の朝ドラに起用される佐々木蔵之の
配役や過去の朝ドラ出演について調べていきます。

佐々木蔵之介(ささき くらのすけ)

生年月日:1968年2月4日
出身地:京都府京都市
血液型:O型
身長:182cm
所属:ケイファクトリー
職業:俳優

朝ドラ「ひよっこ」に抜擢!気になる配役(役柄)は?

1964年、東京オリンピックが開催された記念すべき年から
今回の物語「ひよっこ」は始まるそうです。

高度成長期のど真ん中、日本が大きな発展をしたのも、
地方から集団で就職のために上京した”金の卵”と呼ばれる
若者達の労働力があったからこそなのです。

今回のお話は、その集団就職のために上京したヒロインが
自分の殻を破って成長を遂げていく青春を描いているそうです。

今回の新たに発表された出演者は、
佐々木蔵之介さんの他に、
宮本信子さん、佐藤仁美さん、竜星涼さん、
和久井映見さん、やついちろうさん、磯村勇斗さん、
松本穂香さん、藤野涼子さん、
小島藤子さん、八木優希さん、以上11名でした。

発表会見に立った佐々木蔵之介さんは、

朝、おいしいあったかい料理で
朝のお茶の間の皆さんをおもてなしできたらと思っています

と朝ドラへの出演が2作品目となる
今回の起用への意気込みを打ち明けていました。

気になる佐々木さんの配役(役柄)についての説明もありました。

今回の役柄は、
有村架純さん演じるヒロイン・谷田部みね子が働くことになる
赤坂の洋食屋「すずふり亭」の女主人・牧野鈴子(宮本信子)の息子で、
お店の料理長を務める省吾という人物を演じるそうです。

つまり、会見での佐々木さんのコメントには、
ご自身の役柄である料理人としての気持ちが既に込められていたようですね♪

ドラマのスタートは4月3日(月)8時からですので、
もう暫く楽しみに待ちたいところです。

朝ドラ出演の過去といえば、ブレイクした「オードリー」でしょ♪

佐々木蔵之介さんと朝ドラの関係といえば、
彼が俳優としてブレイクしたキッカケとなったのが、
まさに、この朝ドラへの出演だったのではないでしょうか。

彼が初めて朝ドラに起用されたのは、
2000年10月2日から放送された
連続テレビ小説第63作目「オードリー」でした。

日本映画のメッカといわれる京都府太宰を舞台に、
産みの親と育ての親の間で揺れながら成長ヒロインが、
映画に人生をささげていく姿を描いたドラマでした。

この作品に起用される以前の佐々木蔵之介さんは、
堺雅人さんらと共に小劇場出身の若手俳優でした。

しかし、この作品で彼が演じたのは、
スター役者として時代劇の大御所俳優へと上り詰めるという人物でした。

そしてまさに、作品中で飛躍すると呼応するかの如く、
現実の佐々木蔵之介も一躍注目を集める俳優としてブレイクしていきました。

今の佐々木さんの活躍の原点がこの朝ドラ出演にあったのは間違いないのです。

スポンサーリンク

 - 芸能・エンタメ ,

error: Content is protected !!