~interest~

なんだか気になる(interesting)。。。そんな話題をお届けします♪

アリゲーターガーのその後は殺処分か名古屋港水族館行き?

   


出展:http://swmcoms.com/

近年色んな外来生物が日本中に存在している中、
最近大きな話題になった生物が
いるのを皆さんご存知でしょうか?

それは、

“アリゲーターガー”

という生き物なんですが、
一体どんな生物で、
なぜ話題になっているのでしょうか?

今回は芸能ネタをお休みにして、
この気になる謎の生物について特集します!

スポンサーリンク

アリゲーターガーが名古屋城の外堀で捕獲された?

さて、この聞きなれない

“アリゲーターガー”

という名前。

一体、どんな生き物なのか
とっても気になりますよね♪

調べてみると、
このアリゲーターガーって
実は世界最大級の肉食魚なんです。

そーつまりは“魚”

肉食魚っていえば、きっと
皆さんの頭にはあの南米アマゾン川に、
生息している

“ピラニア”

を思い出している人も
いるのではないでしょうか?

でも、ピラニアって
小型種では体長15㎝、
それに大型種でも体長60㎝ほどしかない
比較的小さな魚なんですよね。

それに、種類によっては赤や緑など
綺麗な鱗を持っているピラニアもいて、
熱帯魚として飼育している人も
世界にはいるそうなんです。

で、このアリゲーターガーという魚なんですが
出身地は北米原産の魚で
ワニの様な大きな歯を持っている大型魚。

ところで、なんでいきなり
この北米原産の肉食魚

“アリゲーターガー”

の話題を出したのかというとですね?

実は、愛知県名古屋市の観光の目玉でもある
名古屋城の外堀でなんとビックリ!

この世界最大級の肉食魚が捕獲されたんです!

えぇぇぇぇぇ?

なんで、北米産の魚が
名古屋城の外堀なんかにいるの?

など、気になるポイントが多いですよね。

なんでも、このアリゲーターガーって
趣味でペットとして飼育することが
人気の魚なんだそうです。

が・・・・

自分勝手の飼い主の責任で、
どうやらこのアリゲーターガーが
名古屋城の外堀に放たれたと見られています。

で、世界最大級の肉食魚が
平和な名古屋城の外堀なんかで泳いでいれば

何が問題って・・・・?

それまで保たれてた
生態系が崩れていくっていう訳なんですよね。

つまりは、

外堀に住んでいる魚を食いまくるってこと。

2009年に、外堀で泳いでいる所を
確認されなんと驚きの2匹いたそうなんです。

度々目撃情報が相次いでいたんですが、
残念ながら昨年の夏ごろから目撃情報が激減。

死んだのか?

とも思われてたら、
今年の4月に再び目撃情報が増え始め、
名古屋市の職員さんとボランティアさんで、
捕獲を試みるも中々うまくいかない日々が・・・。

しかし!!

ついに、5月17日に
一匹のアリゲーターガーが生きたまま、
仕掛けた罠にかかっていたんです。

これには、職員さんも
ボランティアさんも大喜び!

早速、体長を測ってみると・・・・

 

なんと1.3mという巨大スケール!

 

な・・・なんんんじゃこりゃぁ!

ってなっちゃうワケです。

1.3mって8歳の男の子の平均身長。

 

メチャメチャ大きいですよね!

さすが、世界最大級(汗)

でも、捕獲作戦はこれで終わりではなく
残るもう1匹をGETするためにも
皆さん頑張らなければいけないんです。

職員のみなさん!

ボランティアの皆さん!

怪我には十分気をつけて頑張ってください!

スポンサーリンク

その後はどうなる?殺処分か名古屋港水族館行き?

さてさて、今回の一件で
環境省はこのアリゲーターガーを
特定外来生物に指定する方針を発表。

目標としては、
来春からにでも輸入を禁止するそうです。

自分たちで望んで祖国の北米から泳いで、
名古屋城の外堀に来たわけではなく・・・

人間の傲慢な行為で連れてこられ、
飼育されていたのにも関わらず、
無責任な飼い主に放たれ
異国の地で泳いでいたアリゲーターガー。

自分が言うのもなんですが、
人間って勝手な生き物ですよね・・・。

ここで気になってくるのが、
今回の被害者であるアリゲーターガーの今後。

やっぱり・・・

世界最大級の“肉食”魚ということもあり・・
殺処分されちゃうんでしょうか?

それとも、名古屋ではお馴染みの
名古屋港水族館行きになって
飼育されるんでしょうかね?

まだ正式な事は発表されていませんが、
調べてみると今後は、
とりあえず名古屋市の生物多様性センターに運ばれ、
詳しい事を調べるそうです。

詳しい事を調べるって・・

解剖とかするの?

やっぱり死んじゃう運命なの?

できれば、詳しい事を調べるのは
いいけど殺さずに・・・

 

どうせなら、

名古屋港水族館に引き取っていただいて

静かに生活させてあげるってのも良いのでは?

ひとこと

いかがでしたか?

まさかあの名古屋城に
世界最大級の肉食魚が泳いでいたなんて
想像もできませんでした。

残り1匹の捕獲にも全力を
尽くしてほしいものですが、
どうか彼らが一番の被害者であるということを、
市の職員さんもボランティアさんも忘れずにいてほしいです。

スポンサーリンク

 - 生活

error: Content is protected !!