~interest~

なんだか気になる(interesting)そんな話題をお届けします♪

*

ネリ薬物陽性反応の今後はどうなる?無効試合や王座返還の可能性は?

      2017/08/26


こんにちは!

城ドラと芸能ニュースに耳年増な管理人・Mです

 

先日行われたプロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで

日本タイ記録になる13度目の防衛戦となったチャンピオンの山中慎介を

4回TKOで倒したメキシコのルイス・ネリに

ナ・・ナント!薬物検査の陽性反応が出たことが発覚しました!

 

テレビに映ったチャンピオンに起きた信じられない悲劇に

飲みかけたビールグラスをテーブルに落としたほどのショックを受けていた管理人でした。

 

圧倒的なチャンピオン優勢の下馬評を覆して、

日本中を愕然とさせたKO劇を見せたネリの強さの理由に

まさかの薬物によるドーピングの可能性が出てきているようです。

スポンサーリンク

薬物検査にて陽性反応が出たことでのWBCの今後の動きについては、

ルイス・ネリ選手から採取した他のサンプルにて、再度の詳しい解析を行うことを発表しています。

 

では今後のWBCによる再解析の結果、

ネリ選手の薬物検査に陽性反応が出た場合はどうなるのでしょうか?

 

過去、プロボクシングの世界タイトルマッチでの薬物使用(ドーピング)が発覚したといえば、

記憶に新しいのが2015年に行われたWBO世界ライト級王座決定戦。

 

粟生隆寛(帝拳)がライムンド・ベルトラン(メキシコ)と戦ったのですが、

ベルトラン選手から禁止薬物の使用

が試合後に明らかになったために無効試合になっています。

 

つまり、明らかな不正が発覚したのであれば当然ながら試合そのものが無効になるのワケです。

 

となると、解析結果が陽性であるとWBCが公式に認めた場合には、

今回のタイトルマッチは無効試合となり、山中選手へ王座は返還されると考えられます。

つまり、ルイス・ネリへの王座の移動は無くなるということですよね。

 

今回の試合に関しては、

山中選手だけでなく日本中が不本意で違和感を抱いた最悪な試合の止め方だっただけに、

WBCによるルイス・ネリ選手の禁止薬物の陽性反応の発表は、

厳密な再解析の上で明確な検査結果の公開を期待したいと思います。

 

タイトルマッチ後のネリ選手は引退の意思を明かしているそうですが、

今回の発表を知ってしまうと、なんだか怪しいなぁ・・と疑問を抱いてしまいますよね。

 

禁止薬物に関する問題は、ボクシングだけでなく全てのスポーツにおいて、

あってはならない最悪の不正であると思います。

 

どうか公正なジャッジを期待したいです。

 

もしも、再び陽性であることが発表されたのであれば、

二人の再戦を望みたいですし、そのときこそ完全な決着をつけて欲しいと願います。

 

WBCによる続報を待つばかりです。

 

 

スポンサーリンク

 - スポーツ

error: Content is protected !!