~interest~

なんだか気になる(interesting)そんな話題をお届けします♪

*

張本智和の両親の国籍は中国?なぜ日本へ帰化したのか本当の理由は?

   


こんにちは!

城ドラと芸能ニュースに耳年増な管理人・Mです

 

”チョレイ!”でお馴染みの若干14歳の天才卓球少年・張本智和選手が、またまた快挙を成し遂げています!

 

世界ツアーの一つであるITTFワールドツアー・チェコオープンに出場した張本智和選手は、

オリンピックのメダリストであり、ドイツでは英雄と称賛されている世界ランク7位のティモ・ボル選手と決勝で対戦。

11-3
4-11
8-11
11-9
11-6
11-9

4-2で激戦を制して史上最年少での優勝を果たし、歴史的快挙を達成しました。

 

そこで今回は、これからの日本卓球界を背負っていくであろう

期待の若き14歳の天才・張本智和選手を育ててくれたご両親について調べてみました。

スポンサーリンク

張本智和の両親の国籍は中国?なぜ日本へ帰化したのか本当の理由は?

早速、張本智和選手の家族構成を調べてみました。

ご両親である父・張本宇さんに、母・張凌さん、そして妹さんに張本美和さんがいるそうです。

 

ん?はて?ご両親のお名前がチョット日本人っぽくなくなくないですか?www

 

実は、ご両親は元々中国のご出身のお二人だったそうなのです。

 

というか張本智和選手の妹さんを含めた、ご家族4人の国籍が元々中国だったワケです。

 

では、なぜ現在は日本に帰化しているのか?その理由を調べてみると・・。

 

コトの発端は、父親である張本宇さんが1998年に選手育成の為のコーチとして日本へ招かれたそうなのです。

 

”サーッ!”でお馴染みの福原愛選手を育て上げたことで有名な仙台ジュニアクラブで実績を重ねた後、

現在は男子ジュニアの日本代表コーチとしてもご尽力されている方なのです。

 

コーチとして日本でご活躍されながら2014年に国籍を日本へ帰化されることを決めたそうなのです。

 

お母さんの張凌さんも過去に世界選手権に中国代表として出場されていた有名なプレイヤーだったそうです。

 

ご両親がご結婚された当時は、まさか日本へ渡りお仕事をされるとは考えていなかったのではないでしょうか?

 

しかし、お父さんの張本宇さんの指導者としての素質を評価されて、

日本の育成施設に奨励されたことがキッカケで、ご家族全員で日本へ渡ることを決意したのでしょうね。

 

単身赴任でお父さんだけ日本に出稼ぎに行くのは、残されたご家族にとっても不安だったでしょうからね。

 

そのご両親の決断があったからこそ、現在の張本智和選手の活躍が日本の歴史的快挙となったワケですね。

スポンサーリンク

 - スポーツ

error: Content is protected !!