~interest~

なんだか気になる(interesting)そんな話題をお届けします♪

*

友寄隆英の真っ黒はその後どうする?絶対にとれない染料の現在は?

      2018/07/11


出典:http://netgeek.biz/

こんにちは!
城ドラと芸能ニュースに耳年増な管理人・Mです

上の写真の男性をパッ!と見て
日本人だと思いますか?

顔面が真っ黒でビックリのこの方は
テレビ朝日の番組ディレクターさんなんです。

出典:http://contents.oricon.co.jp/

お名前は友寄隆英さんという方なのですが、
「超異文化シピボ族潜入!」というテーマで
南米・アマゾンに住むシピボ族という民族の
現地文化に触れるという企画に、
取材Dとして訪れた際に起きたという
とんでもないアクシデントの結果なんです!

スポンサーリンク

親切な現地のシピボ族の人に、
「ウィト」という果物を肌に塗ると
美容に効果があって良いと勧められ、
感謝しながら全身に塗りまくったワケです。

頭の先からつま先まで、
全身真っ黒になってご機嫌の
”取材D”こと友寄隆英ディレクター。

しかし、美容に良いというのは
まったくのデタラメだったことが発覚!

「ウィト」の成分は「入れ墨」にも使われている

『絶対にとれない染料』だったことが判明!

慌てた”取材D”友寄隆英ディレクターは、
番組終了まで必至に染料を落とそうとするも、
とうとう最後まで洗い落ちることはなく、
カメラに向かって真っ黒な顔でこのポーズ(笑)

出典:http://taktak1783.com/

な~ぎ~さまで~うわさはっしる~よ~♪

めッ!!♪

ってやってる場合じゃないワケです(笑)

番組はココで終わってしまったわけで、

え?もしかして、あのまま日本に帰国?

ってなりますよね♪

スポンサーリンク

取材Dは真っ黒のまま帰国?その後はどうするの?現在は?

結局、
番組終了の時点では全身が真っ黒のままで

”めッ!”

っとなっていた友寄隆英ディレクター。

その後の情報が無く、
ロケ終了後の帰国後がどうなったか気になります。

とりあえず、
「ウィト」を含んだ染料の落とし方を調べてみると、

長い時間は掛かりますが、
毎日シャワーで洗い流すことで、
徐々に落ちていくそうです。

しかし、全身真っ黒の友寄隆英ディレクターは、
番組内でも、

「どうやって生きていこう・・今後」

と、当たり前ですが不安でいっぱいwww

出来る限り早く落とす方法を探すと、

ペーパーナイフで削るという方法がありましたが、
さすがにコレを全身に試みたら、
きっとですけど、
肌が真っ黒から真っ赤に変わるような気がします(笑)

そして、もう一つ見つけたのが、
脱脂綿やガーゼに水を含ませて、
それに灰を混ぜ合わせて擦ると
大抵の染料は取れるそうです。

これは、昔の人の知恵なんだそうで、
とても役立つ情報ですよね!

多分ですけど、ロケ終了後に
真っ黒で帰国せざるをえなかった
友寄隆英ディレクターのその後って
速攻でネットでこの染料を落とす方法を
調べまくったに違いないと思います♪

さすがに、
アマゾンでは違和感のない真っ黒ですけど,
日本で生きていくにはあまりのも不自然な真っ黒www

きっと現在は、
毎日のようにガーゼに水と灰を含ませて、
全身をガシガシ擦りまくっているような気がします(笑)

当面は、”まだら模様の取材D”と
噂の名物ディレクターになる気がします♪

【関連記事】ナスdこと友寄隆英ディレクターについてはコチラでも!

⇒ナスdは現在も黒色!本当に治るのか?帰国後に処置方法あるの?

  関連記事と広告

 - ディレクター

error: Content is protected !!