~interest~

なんだか気になる(interesting)そんな話題をお届けします♪

*

長谷部誠が代表引退を表明した理由は?年齢や体力の衰えか?

   


ベルギーに敗れて8強入りを逃したサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会。

日本代表の主将を務めたMF長谷部誠(34)が試合を終えた3日、自身の公式インスタグラムにて「この大会を最後に日本代表にひとつの区切りをつけさせていただきたいと思います」と、日本代表から引退する意向を示唆する発言をしています。

2010年の南アフリカ大会、2014年のブラジル大会に続いて3大会連続で日本代表の主将務め、選手やコーチ、監督からの信頼が厚い長谷部選手の突然の報告の理由は何なのでしょうか?

その真意が気になってしまいますね。

スポンサーリンク

長谷部誠が代表引退を表明した理由は?

長谷部誠選手のインスタグラムには

「日の丸を胸に戦った時間は僕にとって誇りであり、なにものにも代え難い素晴らしいものでした。共に戦った7名の監督方、コーチングスタッフ、代表スタッフのみんな、そして素晴らしきチームメイトたち、最高の仲間でした」

と日本代表として一緒に戦ってきた全ての仲間への感謝の言葉を綴っています。

メッセージからは長谷部選手自身の日本代表としてのやるべきことをやりきったようなニュアンスに受け取れます。

つまり、次回2022年ワールドカップ・カタール大会の代表メンバーに選ばれたとしても、辞退をするということなのでしょうか?

今の日本代表チームをしっかりまとめる主将としての役割を十二分に発揮して、輝かしい実績を挙げているのは誰もが認めていますよね。

ベルギー戦をロシア現地で、日本で、世界中で観戦して全力で応援していた日本人サポーターの気持ちの中には、次のワールドカップも「長谷部選手、頑張って!」という気持ちだと思います。

そこへ飛び込んできた長谷部誠選手の突然のインスタグラムでの代表引退表明ともとれるメッセージには驚かされました。

その決意表明の理由は何だったのでしょうか?

スポンサーリンク

代表引退の理由は年齢や体力の衰えか?

現在、長谷部誠選手は34歳になっています。

今回のワールドカップ・ロシア大会出場国の国別の代表選手の平均年齢を調べると日本は28.6歳です。

これは出場している32か国中で8番目というデータが出ています。

全体の平均年齢も27歳前後になっており、やはり若い選手よりも技術と経験が豊富な年齢の選手が選ばれています。

そんなデータからも34歳という長谷部選手の年齢であれば何も不自然ではありません。

しかし、4年後の2022年カタール大会の時には、38歳になっている長谷部誠選手。

それを考えると、確かに日本代表の中心選手としての活躍を期待するには難しいかもしれません。

もしかすると、そのことを長谷部選手は見据えていての代表引退表明だったのかもしれませんね。

今年の2月に51歳を迎えた”キング・カズ”こと三浦知良選手は、今回のワールドカップ・ロシア大会の日本代表メンバー入りを本気で目指していたそうです^^

彼の場合は生涯現役を公言しているからこそ、自分を奮い立たせるために掲げた目標だと思います。

でも、長谷部選手の場合は、あくまでも4年後のワールドカップを見据えて、代表メンバーに選ばれる1枠を自分ではなく、新しい日本代表の戦力として相応しいプレーヤーに譲る気持ちになったのかもしれませんね。

ただ、日本代表メンバー入りは引退するものの、選手としてはもちろん現役続行ですよね。

今後の活躍もまだまだ応援していきたいですね!

  関連記事と広告

 - ワールドカップロシア

error: Content is protected !!