~interest~

なんだか気になる(interesting)そんな話題をお届けします♪

*

内臓脂肪は麦ご飯ですぐ落ちる!腸内環境を整え満腹感を満たす食べ方は?

   


「内臓脂肪を落とすには食生活の改善が重要!」

なんてことをよく見たり聞いたりしますが、私も同感です。

とはいうものの、
・どんな食材を食べれば良いのかわからない
・さらには食べ方の工夫とかも知りません
という方もいると思います。

そこで今回の記事では、
「白いご飯」を「麦ご飯」に変えてみたら
ちゃんと効果が期待できますよ!
ってお話をしていきますね。

具体的には、
・麦ご飯を食べると内臓脂肪が落ちる理由
・内臓脂肪がすぐに落ちる麦ご飯の食べ方
の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。

サクッと読めますし、
内臓脂肪を落とす効果が期待できる可能性がありますので、
まずはご一読ください。

スポンサーリンク

麦ご飯を食べると内臓脂肪が落ちる理由

麦ご飯によく使われている麦は、
「オオムギ」や「ハダカムギ」という種類です。

これらの麦を精米したあとに
ローラーを使って押しつぶしたものを「押し麦」といいます。

この押し麦を白米の中に一緒に入れて、
炊き上げることで麦ご飯が出来上がります。

麦ご飯が健康に良いといわれる最も大きな理由は、
麦に含まれている食物繊維がメチャ豊富であるということです。

食物繊維をしっかり摂ることは、
コレステロールや糖分の吸収を抑えることにも繋がります。

結果として余分な脂肪分として生成され蓄えられる量を抑えながら、
消費されるエネルギーが今までと変わらないのであれば、
内臓脂肪が優先的に燃焼されて落ちていくことになります。

麦ご飯が腸内環境を整える?

また、麦ご飯を食べることで
豊富な食物繊維が腸内環境を整えるというメリットもあります。

便秘で悩む方にとっては嬉しい整腸作用の効果があります。

白米から麦ご飯に変えることで茶碗1杯150gに含まれる食物繊維の量は、
麦が3割の麦ご飯であれば約3gです。

18歳以上の女性が1日あたりで推奨されている食物繊維の摂取量は
18g以上といわれています。

ですから、規則正しい食生活の中で3食のご飯を麦ご飯に変えることで、
腸内環境を改善する効果も期待できるのです。

ただし、過剰な摂り過ぎは腹痛や下痢などの原因になるのでご注意ください。

スポンサーリンク

内臓脂肪がすぐに落ちる!満腹感を満たす麦ご飯の食べ方

白いご飯から麦ご飯に変えることで、コレステロールや糖質の吸収が抑えられることや、腸内環境を整えてくれます。

では、満腹感を満たしながらも内臓脂肪をちゃんと落とすためにはどのような食べ方がよいのでしょうか。

ポイントは食物繊維が消化しにくいことにあります。

麦ご飯をしっかりと咀嚼(そしゃく)して食べることが重要なポイントとなります。

ちゃんと噛んで食べる!ってことですね。

普段よりもモグモグと噛む回数を意識して増やすことで、少ない量でも満腹感を得ることができます。

さらには、野菜類を最初に食べることも併せていくことで、主食の量を抑えることができます。

噛む回数を増やすことを意識しながら、野菜を最初に食べてから麦ご飯を食べていきましょう。

まとめ

今回は『内臓脂肪は麦ご飯ですぐ落ちる!腸内環境を整え満腹感を満たす食べ方は?』と題して、
内臓脂肪を落とすためには、

・「白いご飯」を「麦ご飯」に変えてみること
・食べ方を工夫すること

で効果に期待ができる理由についてご紹介しました。

内臓脂肪を減らしたいけど、なかなか減らないとお悩みの方には、
とても簡単に出来ることなので是非ご参考にしていただけたらと思います。

  関連記事と広告

 - 内臓脂肪

error: Content is protected !!