~interest~

なんだか気になる(interesting)そんな話題をお届けします♪

*

逮捕状が出るまでの期間は?大阪吹田拳銃強奪男に出るまでの流れは?

   


大阪府吹田市で起きた交番襲撃&拳銃強奪事件は未だ解決に至らない状況が続いています。

しかし、いよいよ大阪府警は交番襲撃に関与している疑いで東京都内に住む30代の男の逮捕状を請求する方針です。

正式に逮捕状が発行された後に公開捜査に踏み切る模様です。

そこで気になるのは「逮捕状が出るまでの期間は?」っていう素朴な疑問です。

 

今回の記事では、

・そもそも「逮捕状」って何?

・逮捕状が出るまでの期間は?

・逮捕状が出るまでの流れは?

・大阪吹田拳銃強奪男に逮捕状が出るまでの期間と流れは?

この4点について調べてみました!

ポイントだけをまとめてみましたので気になる方は一読ください。

スポンサーリンク

そもそも「逮捕状」って何?

逮捕状とは、容疑者を逮捕することを許可されたことを証明するものです。

現行犯逮捕や緊急的な逮捕の時以外は、すべての容疑者に対して「逮捕状」が発行されない限りは逮捕することはできません。

逮捕状に書かれている主な内容は、

・容疑者の氏名
・容疑者の住所
・容疑者の罪状
・連行される警察署
・逮捕状の有効期限
・裁判官のサインと押印

以上のような内容が記された逮捕状が発行されると、容疑者を逮捕することが可能になります。

逮捕状が出るまでの期間は?

逮捕状が出るまでの期間や時間については、事件の重要性や容疑者逮捕のための証拠となる情報がどれだけ集められるかによって期間は大きく異なります。

短い場合は数日で発行される事案もありますが、発行までに1年どころか数年かかる場合も過去にはありました。

逮捕状が発行されるまでの期間に影響するポイントは、いかに証拠となる情報を集められるかが請求から発行までに要する期間、時間に大きく関わっています。

スポンサーリンク

逮捕状が出るまでの流れは?

逮捕状が出るまでには、裁判所へ「逮捕状の請求」をするという段階を経ることが必要です。

逮捕状を請求するためには、警部クラス以上の警察官や検察官しか発行出来ない「逮捕状の請求書」を裁判所へに提出します。

「逮捕状の請求書」の提出を受けた裁判官は、請求内容について逮捕の必要性を審査します。

審査にて必要性を認められると、正式な逮捕状を裁判官のサインと押印付きで発行します。

これが、逮捕状の請求から発行までの簡単な流れとなります。

スポンサーリンク

大阪吹田拳銃強奪男に逮捕状が出るまでの期間と流れは?

今回の大阪吹田市で起きた交番襲撃、拳銃強奪に関わった重要な容疑者に対する逮捕状については、警察より報道へ容疑者への逮捕状を請求する方針を固めたことを明らかにしています。

警察が逮捕状の請求をする方針を固めた背景には、容疑者逮捕の決定的な証拠となる情報が既に揃ったと推測できます。

つまり、いつでも容疑者を捕まえに行くことが出来る準備は整ったということですね。

警察から裁判所へ容疑者の逮捕状の請求が行われると、提出された証拠と事件の内容に基づいて逮捕の必要性を審査されます。

裁判官が容疑者の逮捕の必要性を認めると正式に逮捕状が発行されます。

今回の拳銃強奪に関わったとされる東京都内に住む30代男の容疑者に対する逮捕状の発行は数日もかからないのではないかと推測されます。

まとめ

今回は『逮捕状が出るまでの期間は?大阪吹田拳銃強奪男に出るまでの流れは?』と題して、逮捕状が出るまでの期間や流れについて調べてみました。

ポイントをまとめると、

・逮捕状が裁判所から発行されなければ容疑者は逮捕できない

・容疑者逮捕の証拠が十分に揃って「逮捕状の請求」が出来れば「逮捕状の発行」にはそれほど期間はかからない

・逮捕状が発行されるには、裁判所へ「逮捕状の請求」をしなければいけない

・大阪吹田市で交番襲撃と拳銃強奪に関わったとされる容疑者への逮捕状の請求の方針を固めたことを警察が明らかにしたことで逮捕状が発行されるのは数日もかからないと推測できる

以上のようになります。

一日も早く容疑者を確保して、地域の皆さんを安心させて欲しいと願います。

 

  関連記事と広告

 - 社会

error: Content is protected !!